珈琲豆
焙煎豆は焼き上がり200g単位で販売しています。
ご自身で焙煎されるお客様向けに、生豆も500g単位で販売しています。

煎り具合について

産地や豆の種類によって異なるコーヒーの風味は、焙煎によって引き出されます。
比較的、浅煎りになるほど酸味が、深煎りになるほど苦味が増し、豆の味の特徴によって、さらに味わいが変わります。
お客様のお好みをお選びください。

  • おまかせ
  • 豆の持ち味を上手に引き出す焙煎をします。
  • 浅煎り(シナモン)
  • 豆はシナモン色。コクや苦味は柔らかくさっぱりとしています。
  • 中煎り(ミディアム)
  • 浅煎りよりも味に幅ができ、酸味、苦味とも出てきます。アメリカンコーヒー向き。
  • 中深煎り(ハイ)
  • 茶褐色。香り、色ともにバランスが良く、酸味が抑えられ、その分苦味が少し強くなってきます。
  • 深煎り(シティ)
  • 酸味と苦味のバランスが取れており、コクがあります。さらに、香ばしさが強くなります。
  • 極深煎り(フルシティ)
  • 酸味が抑えられ、苦味が全面に出てきます。
  • フレンチ
  • 深い黒褐色。苦味、香ばしさとも強いです。
  • イタリアン
  • 黒に近い色。強い苦味と濃厚なコクがあります。
アイスコーヒー カフェ・オ・レ エスプレッソ カプチーノ etc...

挽き具合について

抽出器具・方法によって粉と水の接する時間が違うため、それぞれの器具に合った挽き方を選ぶと、コーヒーの風味が引き立ちます。
※コーヒーの粉と水が接する時間が長いほど、粗く挽きます。

  • 豆のまま
  • ご家庭にあるミルで、挽き立てのコーヒーを
  • 粗挽き
  • ザラメ程度の大きさ
  • パーコレーター
  • 中粗挽き
  • ネル・ドリップ
  • 中挽き
  • コーヒーメーカー
  • 中細挽き
  • グラニュー糖程度の大きさ
  • サイフォン
  • 細挽き
  • ペーパードリップ
  • 極細挽き
  • 白糖程度の大きさ
  • エスプレッソ、イブリック

※エスプレッソ用をお求めの方は、「煎り具合:エスプレッソ用」「挽き具合:エスプレッソ用(極細)をご指定ください。エスプレッソに適した深煎り、極細挽きでお送りします。

※ウォータードリップについては、お使いの器具の取扱説明書等をご覧になり適切な大きさを選択してください。
※ペーパードリップの挽き具合ついては、ドリッパーの穴の大きさ・数によって次のような解釈をしております。

  • 挽き具合
  • ドリッパーの形
  • 中挽き
  • 穴が1つのドリッパー(BONMAC陶器製、その他)
  • 中細挽き
  • 円すい形・一つ穴(ハリオV60、コーノ式、その他)
  • 細挽き
  • 穴が3つのドリッパー(カリタ、BONMACプラスチック製、その他)

風味を楽しむコツ

重要なポイントは、『温度管理』と『空気に触れさせないこと』です。
下記のことに気をつけて、美味しいコーヒーをお楽しみください。

  • 煎った豆、挽いた豆は、密閉して低温状態で保存しましょう。コーヒーの風味は時間が経過すればするほど落ち、酸化してしまうので、なるべく早く飲みきるようにしてください。
  • 煎った豆は、可能な限り短い期間で使いきりましょう。冷蔵庫での保存で約1ヶ月、常温での保存で2~3週間程度が目安です。
  • 挽いた豆は、数日以内に使いきりましょう。淹れる時に挽くのが理想的です。
印刷用には、こちらのPDFを
ダウンロードしてご覧ください。
↑Top